CONTENTS MENU

医の森クリニック 浅草橋
内科 乳腺外科・内分泌科 眼科 皮膚科

診察予約

お電話でのお問い合わせはこちら

03-5809-3726

原発性腋下多汗症に対し、ボトックス注射による治療が当院でも施術可能です

原発性腋下多汗症に対し、ボツリヌス毒素(商品名ボトックス)注射による治療が2012年11月保険適用され、当院でも施術可能です。

夏を前に『わきの汗』でお悩みの患者様は多いのではないでしょうか
わき汗のボトックス注射が2012年11月より保険適応となり、3年半が経とうとしています。
保険適用によってわき汗でお悩みの多くの患者様が、質の高い治療を少ない経済的負担で受けられるように
なりました。たくさんの患者様に安心して治療を受けて頂き、悩みから解放されることを願っております。

 

そもそも腋窩多汗症とは??

 hihuka001

 汗を多くかく病気(多汗症)の中でも特に脇に集中することを腋窩多汗症と言い、日本人全体の10%弱に認められる頻度の高い病気です。

腋窩の発汗は、気持ちの面からも温度の面からも影響されます。わき汗びっしょり、という嫌な経験をされる方も多いのではないでしょうか。
腋窩多汗症は、患者様の日常生活にダメージを与え、生活の質を著しく低下させてしまいます。

 

腋窩多汗症の保険適応について

hihuka002

ボトックス注射の保険適応が通ったのは、「重度の原発性腋窩多汗症」です。

すなわち、ただ単にわき汗が多いというのでは保険適応とならず、一定の基準を満たす患者様に対してボトックス注射が保険適応となったという訳です。

 

保険適応となる基準

hihuka003

以下の3または4であること

hihuka004

以上①から③の診断基準を満たす患者様は原発性腋窩多汗症と診断され、保険適応となります。
(わき汗で深刻にお悩みの方であれば、大部分診断基準を満たすものと思われます。)

 

なぜボトックス注射がわき汗に効果的なのか?

汗が出るということは、アセチルコリンという神経伝達物質(下の図の赤い点)により、神経から信号が伝えられた結果です。ボトックスは、アセチルコリンの放出をブロックし、神経から汗の腺への情報伝達を遮断することで発汗を抑制します。遮断された伝達は4~9ヵ月持続しますので、夏前にボトックスを行うと一番汗をかきやすい時期を快適に過ごすことができます。

hihuka-01

 

治療の流れ

①まず問診にて、診断基準を満たすかどうか判定を行います。
②必要であれば採血などを行います。
③同意書にサインをいただきます。
④ご予約をいただきます。
⑤施術日にご来院いただきます。
⑥両脇にマーキングを行います。
⑦ボトックスを片方あたり10〜15箇所ほど投与します。

 

費用

保険適応の患者様で、30,000円程度となります。

 

治療にかかる時間

初回:10分程度
施術日:15分程度(施術前の麻酔クリームに30分ほどかかります)

 

※禁忌 次の患者様は治療を受けることが出来ません。

・全身性の筋力低下を起こす病気をお持ちの患者様(重症筋無力症、ランバート・イートン症候群、筋萎縮性側索硬化症等)
・妊婦又は妊娠している可能性のある婦人及び授乳中の患者様
・本剤の成分に対して、発疹などのアレルギーを起こしたことのある患者様

 

医の森クリニック 浅草橋 皮膚科のこだわり

患者様の満足のいく治療を心がけております。当院の皮膚科医は皮膚科専門医資格に加え、あらゆるコースのボトックス講習を修了しており、高い技術にて治療いたします。特殊な麻酔を行い、さらに非常に細い針で注射しますので痛みはほとんどありません。緻密な注入ポイントをデザインし、ムラなく効果を発揮させます。